ブログ

月別アーカイブ: 2020年4月

株式会社トラストワン【独立開業】自分に合ったスタイルで仕事できる!

株式会社TrustOne 植木です。

転職するのはとても勇気がいりますよね。自分に合ったスタイルで仕事が出来たり、自由が多い【独立開業】はメリットもあればデメリットもあり心配になりますよね。そこで今回は弊社のドライバーとしての独立開業の流れをお話したいと思います。

トラストワン集合

◇◆貨物軽自動車運送事業◇◆

  • 軽貨物運送業は「貨物軽自動車運送事業」が正式名称となります。
  • 軽貨物車両を使用し荷主であるお客様から引き取った比較的小型の荷物を預かり、依頼されたお届け先(ホテル・レストラン・居酒屋など)に配送し、運賃を受け取り報酬や利益を得る事業です。
  • 「車両持込み」とありますが、持ち込む車両で運送の仕事をするには、必ず 営業ナンバー(黒ナンバー)が必要です。
  • 貨物軽自動車運送業を始める為には、運輸支局へ事業経営の届出を行ない、事業用の黒ナンバーを取得しなければなりません。自身でやるのが大変でしたら弊社が代わりに営業ナンバーを取得することも可能です。

高速道路の画像

◇◆必要経費◇◆

★自動車のローン、
★ガソリン代、
★任意保険料、
★駐車場代、
★自動車の整備費用(オイル交換、消耗品)等の経費 

さらに家賃(事務所として使用)や通信費(移動中が多いので特に携帯電話料金はすべてご自分で支払う事になります。)それらの費用は青色申告として毎年2月15日~3月15日の間に税務署に必要経費として申告する事により節税対策になります。

「軽貨物運送業務は稼ぐ事ができるの?」という不安や疑問がおありだと思いますが、この業界を経験された様々な個人事業主(ドライバーさん)からのご意見や感想を伺いますと、サラリーマン時代と違い自営業者ですのでご本人の努力次第で結果(売上げ)に繋がってしまうというシビアな世界だと認識した上で、スタートしなければいけないですね。

しかしそこもやる気がある方でしたら、一ヶ月40万~60万円以上稼ぐ方も沢山いらっしゃいます。そこにたどり着くには、早朝から夜間まで様々な配送業務をWワークしながら働く事も必要になります。

ブログ用

◇◆いよいよ開業です!◇◆

運送業はケガのリスクもありますので、怪我や事故といったリスクに備えて保険も考える必要があります。車の事故や故障、作業中のケガ、急なトラブルがあると仕事を休まなければなりません。個人で運送業をする場合は、頼りになるのは自分だけです。それでは『不安心配』たくさんの人たちに迷惑を掛けてしまい仕事も無くなってしまいます。

弊社に入会して頂いたドライバーさんは、【アフターフォロー】をしてますので『安心安全』に仕事が出来ます!

運送業は頑張れば頑張るだけ結果が出るとてもやりがいのある業界です。

皆様が末永く繁栄、活躍される事を心より応援しています!

新型コロナウィルス【雇用調整助成金】について

株式会社トラストワン植木です。

日本も明日から緊急事態宣言の発令が行われます。助成金の相談窓口が開設されておりますが皆様に少しでも参考になりればと思い引用しました。

厚生労働省神奈川労働局

◇ 神奈川労働局 雇用環境・均等部 指導課総合労働相談コーナー
開設場所 横浜市中区北仲通5-57 横浜第2合同庁舎13階
電話番号 045-211-7358
開設時間 8時30分~17時15分 (月~金 ※祝日を除く)

 

◇ 横浜南労働基準監督署
開設場所 横浜市中区北仲通5-57 横浜第2合同庁舎9階
電話番号 045-211-7374
開設時間 8時30分~17時15分 (月~金 ※祝日を除く)

 

≪雇用調整助成金に関する相談等≫
◇ 神奈川労働局 神奈川助成金センター
開設場所 横浜市中区尾上町5-77-2 馬車道ウエストビル5階
電話番号 045-650-2801
開設時間 8時30分~17時15分 (月~金 ※祝日を除く)

 

◇ ハローワーク横浜 雇用援助部門
開設場所 横浜市中区山下町209 帝蚕関内ビル4階
電話番号 045-663-8609 (部門コード 32♯)
開設時間 8時30分~17時15分 (月~金 ※祝日を除く)

 

◇ 神奈川労働局 神奈川助成金センター
開設場所 横浜市中区尾上町5-77-2 馬車道ウエストビル5階
電話番号 045-650-2801
開設時間 8時30分~17時15分 (月~金 ※祝日を除く)

 

◇ ハローワーク横浜 雇用援助部門
開設場所 横浜市中区山下町209 帝蚕関内ビル4階
電話番号 045-663-8609 (部門コード 32♯)
開設時間 8時30分~17時15分 (月~金 ※祝日を除く)

 

厚生労働省東京労働局

「新型コロナ感染症の影響による特別労働相談窓口」を開設しますので、以下の相談窓口をご利用ください。

1 開設期間・対応時間
令和2年2月14日(金)から当面の間 9時00分~17時00分
※開設日は土・日・祝日を除く平日となります。

2 相談内容
➣労務関係、労働条件関係等
(事業主の方へ)
・労務管理(賃金の支払い、解雇、休業手当等)に関する相談 等
(労働者の方へ)
・賃金等労働条件に関する相談
・退職、解雇、労働条件引下げに関する相談 等
【相談窓口の住所・連絡先】
①東京労働局 総合労働相談コーナー
東京都千代田区九段南1-2-1 九段第三合同庁舎14階
電話番号:03(3512)1608
②中央労働基準監督署
東京都文京区後楽1-9-20 飯田橋合同庁舎6・7階
電話番号:03(6866)0008
※なお、労務関係、労働条件関係等のお問合せは各労働基準監督署でも受け付けています。

➣雇用調整助成金関係
・事業所の助成金(休業)に関する相談 等
【相談窓口の住所・連絡先】
①東京労働局ハローワーク助成金事務センター
東京都新宿区百人町4-4-1 新宿労働総合庁舎1階
電話番号:03(5337)7418
②ハローワーク飯田橋
東京都文京区後楽1-9-20 飯田橋合同庁舎
電話番号:03(3812)8609 部門コード35#
※なお、雇用調整助成金関係のお問合せは各ハローワークでも受け付けています。
③学校等休業助成金・支援金、雇用調整助成金、個人向け緊急小口資金相談コールセンター
電話番号:0120-60-3999 受付時間:9:00~21:00(土日・祝日含む)

3 労働相談以外の相談について
○厚生労働省の電話相談窓口
今般の新型コロナウィルス感染症の発生について、厚生労働省の電話相談窓口を設置しています。
電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)
受付時間:9時~21時(土日・祝日も実施)

○帰国者・接触者相談センター
湖北省及び浙江省への渡航歴や感染が明らかな方との接触歴などがあり、発熱や咳などの症状がある方につい
ては、最寄りの保健所などに設置される「帰国者・接触者相談センター」にて相談を受け付けております。
以下本省HPに保健所の連絡先や管轄地域を掲載しておりますのでご参考願います。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/hokenjo/

私も相談窓口に電話しましたが、まだまだ各機関対策が出来ていない状況です。新型コロナウィルスが落ち着いて早く安心したいですね。